いい墓相,よくない墓相の真実とは?

お墓の移転・引越

お墓の移転や引越が必要になることもあります。

お墓の移転や引越しを考える理由は人それぞれですが、
大抵の場合はお墓を購入したものの遠くてお墓参りに不便だとか、
墓地管理者(お寺に多い)と揉めてしまうといったことが多いようです。

理由はいろいろですが、お墓は引越しや移転も可能です。
方法についてですが、遺骨だけ移動や引越しをすることもできますし、
墓石ごと移転や引越しすることもできます。
その代わり墓石ごと移転する場合には、それなりの費用もかかります。

お墓の移転や引越を決める場合には、最初に新しいお墓を確保しておくことが重要です。
墓地によっては移転できないところもあるので、
現在の墓地を管理しているところに事前の確認も必要になります。

お墓の移転や引越をする場合は、宗教や宗派にもよりますが、お坊さんにお墓の魂抜きをしてもらいます。
お墓の移転や引越先では、新しいお墓に入る時に、開眼や納骨供養も一緒にしてもらいます。
お寺の場合はお寺との交渉や相談も必要ですね。

現在は火葬するという決まりになっていますが、一部の地域では土葬する風習が残っていたり、
法律改正前に土葬した場合はそのままになっていますので、一度火葬する必要も出てきます。

お墓の規模や移動距離などによっても変わりますが、
お墓の移転や引越には新しくお墓を建てるのと同じくらいか、もしくはそれ以上の費用がかかることもあります。
お墓の移転や引越の手続きや移送を全て代行してくれる業者もありますが、それなりに費用はかかります。

今までのお墓では、どこまで移動するかによっても違いますが、
墓石ごと移動する場合には撤去して整地しますし、お寺にはお布施を渡します。
新しいお墓でもお寺に渡すお布施を用意します。

移転や移動にかかる費用以外にも、お布施やそのほかの費用、親族の同意なども必要になります。
お墓の移転や引越をする場合は、お金もかかりますし、手続きなども必要なので簡単にはいきません。

困ったときには、お墓を建ててもらった石材店やお寺に相談することもできます。
ページのトップへ戻る