いい墓相,よくない墓相の真実とは?

お墓ディレクターの紹介

お墓ディレクターという職業があるのを知っていますか?

お墓ディレクターというのは、お墓に関する知識はもちろんのこと、
法要や法事など幅広い知識を持っているお墓のプロフェッショナルのことです。
最近ではお墓のコンシェルジュなどと呼ぶこともあります。

日本石材産業協会では、お墓ディレクター検定を行っています。
検定試験に合格した人だけが、お墓ディレクターとして活動できます。

幅広く活動できますが、
お墓を建てるときにお世話になる石材店に勤務するお墓ディレクターも多いですね。
初めてお墓を建てる人に、墓地や墓石に関するアドバイスや相談を受けるのが中心になります。

お墓ディレクターの目的としては、お墓に関する正しい理解の普及を広めるという目的もあります。
石材店の広告やホームページを見ると、お墓ディレクターの紹介というコーナーがあります。

お墓を建てるのは人生の中で、そう何度も経験するものではありません。
初めてでわからないことも沢山あります。
そういう時にお墓に関する相談に乗ってくれる、お墓ディレクターは心強い味方となってくれるでしょう。

もちろん石材店の人なら墓石に関する知識もありますし、
必ずしも全ての石材店にお墓ディレクターが常駐しているとは限りませんので、この場合は石材店の人に相談することになります。

これからお墓ディレクターを目指したいと思っている人は、
日本石材産業協会の公式ホームページを見れば検定の日程や過去問題に挑戦することができます。

日本石材産業協会には、1級と2級があります。
2級は実務経験は問わず、お墓やお墓に関する職業についている人向けです。
1級は実務経験7年以上で、お墓ディレクター2級の資格を取得していることが条件になります。

過去問題はPDF形式でダウンロードも可能ですし、専門の問題集などもあるのでお墓に関する職業に就いている人や、
就きたい人はお墓ディレクターの資格を取得しておくと、就職にも有利になるかもしれません。
ページのトップへ戻る