いい墓相,よくない墓相の真実とは?

バリアフリーの霊園

人が亡くなりお墓に入ると亡くなって間もない場合は、
四十九日に納骨をするのが一般的です。

もしも四十九日までにお墓が間に合わない場合は、
納骨堂に一時的に収蔵することもあります。
それ以降は最低でも1年に2回、お盆と命日にお墓参りに行く人も多いと思います。

今でこそバリアフリーという言葉も浸透していますし、
あちこちの公共施設でもバリアフリーの設計をしているところも増えています。
しかし昔に建てられたお墓や霊園には、
長い階段があったり、お墓に着くまでの間凸凹道だったりということもあります。
普通に歩いていく分にはいいのですが、高齢者や車椅子の人にとっては一苦労ですね。

比較的最近の新しい霊園は、バリアフリーの霊園も増えてきています。
そう頻繁に行くものではありませんが、
やはり行くときには誰もが気持ちよくお墓参りをしたいものですね。

「バリアフリーの霊園」このキーワードで検索すると、意外なほどたくさんのバリアフリーの霊園がヒットします。
中には一覧で霊園の写真や、特徴を紹介しているサイトもあります。
もしもこれからお墓を建てる予定があって、バリアフリーの霊園をと考えているのならこういう探し方もできますね。

バリアフリーの霊園は、比較的新しいところが多いので、
利用者も少ないので、希望通りの区画を選べるというメリットもあります。

霊園内の施設も最新設備が整っていますし、もちろん施設内もバリアフリー設計になっています。
これなら高齢者や車椅子の人も、安心してお墓参りができますね。

たくさんのバリアフリーの霊園を紹介している場合は、資料を一括で請求することもできます。
真剣にお墓探しをしている人にとっては、ありがたいですね。

ただしバリアフリーの霊園というキーワードで探す場合は、
霊園内の施設や多目的ホールのみバリアフリーという場合もありますので、
お墓はどうなっているのかなどは確認しておくと安心です。

バリアフリーの霊園の場合は、比較的新しいところもありますが、
宗派や習慣などにこだわらないという意味のバリアフリーもあります。
ページのトップへ戻る