いい墓相,よくない墓相の真実とは?

お墓の基礎知識

お墓を建てるというのが自分にはまだまだ先のことと思っていても、
いつか必要になるものですから、基礎知識だけは覚えておいても損はありません。

例えば突然お墓が必要になった場合「お墓を建てよう!」と思っても、
お墓の形態、お墓を建てるための上巻、墓地の種類などもあるので、
お金を出せばお墓が建つというものではないのです。

こういう時に慌てたり、後になって後悔しないためにも、
最低限のお墓の基礎知識は覚えておきましょう。

墓地の種類ですが、お墓を立てていいのは墓地だけです。
一般的にはお寺や霊園ですね。
お寺にも宗教や宗派が限られているところもあれば、宗派不問というところもあります。

霊園にも種類がありますが、
どこにあるかという地域性によっても利用するときに便利か不便かが決まってしまいます。
都心にある霊園はスペースは狭いのですが、お墓参りには便利です。
一方郊外にある霊園は広大な敷地を確保できるので、広々としていますがお墓参りには不便です。

もう一つは公営墓地です。
各自治体が運営しているため、利用料は安くなりますが、
一定の条件を満たしていないと申込みもできません。

基本的にお墓を建てる場合は、お墓を買うというよりも、使用権を買うことになります。
永代使用権として購入するので、代々受け継がれていきます。
これとは別に墓石やその他、お墓を立てるために必要なものの費用もかかってきます。

お墓の形態も種類があります。
お寺や霊園にお墓を建てて納骨する場合は、地中に埋葬する形になります。
これとは別に室内の納骨堂に、遺骨を収蔵することもできます。
この場合は土地を探したり、使用権の購入の必要もないので費用は安く済みます。

納骨堂の場合は利用料も安いのですが、
お墓を立てるまでの一時的な期間だけ預けることが多くなります。
ほかには身寄りのない人を合同で収蔵する、合同納骨堂というのもあります。

このように、最低限のお墓の基礎知識を知っておけば、イザという時も慌てずに済みますね。
ページのトップへ戻る