いい墓相,よくない墓相の真実とは?

ペットの納骨堂

最近はペットを飼う人も増えているのですが、
ペットは人間よりも寿命が短いので悲しいことですが、必ずお別れをする日がやってきます。
ペットが死んでしまった場合は、自宅に庭に埋葬することもできますが、庭がない人にはこれができません。

ペットをただのペットではなく、家族の一員として考える人も多いので、
ペットもきちんと供養してあげたいという場合、多くの人がペット霊園を利用します。

ペット霊園にもいろいろな種類がありますが、人気が高いのはペットの納骨堂です。
場所によって条件は異なりますが、屋内に個別に納骨できるように棚やロッカーが設置されています。

費用も形式によってちがいますが、たくさんの仲間たちと一緒に納骨できるので、
ペットも一人ぼっちで寂しい思いをしなくて済みます。

遺骨の近くに家族の写真や、大好きだったおもちゃやおやつをお供えしたり、花を飾れるようになっています。
比較的費用も安いことから、最近ペットの納骨堂を利用する人も増えています。

中には人間と同じように、ペットのお墓を建てる人もいます。
お寺や霊園によって、ペットは認めないというところもありますが、
中には認めているところもあります。

ペット用といってもお墓を建てるには、
それなりの費用もかかりますので、こういうことができるのは限られた人だけです。

ペットの納骨堂のいいところは、
営業時間内であれば自分の好きな時にお参りに行けるところです。
お経を上げてもらうこともありませんし、供養のためにいちいちお布施を渡す必要もありません。
その代わりペットの納骨堂によって、管理費や最初に支払う料金は必要です。

人間の遺骨も加工してペンダントにいれ、身につけることができますね。
ペットの遺骨も同じように、加工することができます。
ペットの納骨堂内で、ペットの遺骨を加工するサービスをしているところもありますし、
専用の業者に依頼することもできます。

人それぞれペットとの関わり方は違うように、供養の仕方もいろいろあるのです。
ページのトップへ戻る