いい墓相,よくない墓相の真実とは?

ペット霊園

ペット霊園というのは、その名の通りペットを供養するところです。

持ち家で広い庭がある場合には、家族の一員だったペットにそばにいて見守って欲しいという思いや、
自分の近くにいてほしいという思いから庭に埋葬することもあります。
人間の場合は許されないことですが、ペットの場合は自宅の庭に埋葬しても問題ありません。
しかし日本の住宅事情を考えたとき、すべての人が愛するペットを庭に埋葬することはできません。

人間の遺骨と同じように、自宅に保管することもできます。
しかし中にはどうしても家に置いていけない事情があったり、
成仏してほしいのできちんと供養したいと考える人もいますね。

そういう時に利用するのがペット霊園です。
しかしペット霊園といっても、場所によっては費用も扱い方も全く違います。
人間の霊園に隣接して、ペット専用の霊園があるところもありますし、
完全にペットだけの独立したペット霊園もあります。

霊園内に火葬する場所があるところもあれば、
ほかの場所で火葬してから遺骨を持ち込み納骨してもらうところもあります。

扱い方についてですが、個別に供養することもできますし、合同で供養するところもあります。
ペットの遺骨を個別に持ち帰りたい場合は、個別に供養できるところを探しましょう。
中には合同で火葬するところもあるので、どれが自分のペットの遺骨だかわからなくなってしまいます。

個別の場合は当然費用も高くなります。
合同の場合は費用は安くなりますが、遺骨を個別に扱ってもらえません。

今は自宅まで出張してくれる、ペット専用の業者もいます。
火葬と供養までしてもらえて、後は遺骨を自宅で保管することもできますし、
ペット霊園に預けて供養してもらうこともできます。

最近はペットを飼う人も増えているので、ペット霊園の数も増えています。
人間の霊園やお寺のように、どこにでもあるというわけではありません。
遠い場合は供養してもらい、後は自宅で遺骨を保管する人も多くなっています。

中にはペットと一緒に入れるお墓もあるので、
ペットを深く愛していた人はこういうお墓を選ぶこともできます。
ページのトップへ戻る