いい墓相,よくない墓相の真実とは?

シンプルなデザインのペットのお墓

ペットは飼い主さんにとって非常に大切なものです。
飼い主さんがペットに対して大きな愛情を感じているように、ペットもまた飼い主さんに大きな愛情を感じています。

そんなペットでも、いつかは寿命を迎えてしまいます。
飼い主さんにとっては非常に辛く、悲しい出来事ですが、そんなときだからこそしっかり最期まで看取ってあげましょう。
そして弔ってあげてください。

ペットのためのお墓は多くの種類があります。
近年はペットを弔う事が非常に一般的になってきました。
一昔前までは自宅の庭や山林に埋めるということもあったかもしれませんが、今となってはあまり見られず、むしろ火葬し、そのお骨をお墓に埋葬することが主流となりつつあります。

ペットのお墓には「屋外のお墓」と「屋内のお墓」と大きく分けて二種類あります。
屋外のものは「合同墓地」「個別墓地」といったものから、お花や樹木などを植え、華やかなデザインにすることが可能な「ガーデニング霊園」や、「人と一緒に入る事のできる霊園」も存在します。

一方で屋内のものはコンパクトかつデザインにオリジナリティが強いお墓が多いです。
お家に置く場合は、庭やベランダはもちろんのこと、お家のなかにもインテリアのひとつとして置けます。

ある程度まで飼い主さんの希望が叶うようになっており、デザインはもちろんのこと、カラーリングも自在です。
コンパクトかつ頑丈で、さほど重いものでもありませんので、室内、室外の移動は簡単で、引っ越しの際にも苦になることはありません。
雨や風、紫外線に対しての耐久性もありますので、屋外に置いていても飼い主さんにとって安心ですね。

ペットとずっと一緒にいるためにも、常に近くに見守っておきたいですね。

屋外、また屋内の墓地、どちらであっても、ペットの供養に関してはまだ法的に整備されていないところが大きく影響し、正しい方法は完全に決まっていません。
飼い主さんが良いと思った方法で供養するようにしましょう。
ページのトップへ戻る