いい墓相,よくない墓相の真実とは?

ペットのお墓と供養の方法

飼い主さんにとって、愛すべきペットは家族同然です。
ずっと一緒に成長し、苦楽を共にしてきたからこそ、飼い主さんも愛情をペットに感じていることだと思います。
そんなペットとはずっと一緒にいたいと思うものです。

ですが、ペットにも寿命というものがあり、いつかはペットと分かれるときがやってきます。
飼い主さんにとっては非常に辛く、悲しい出来事ではありますが、そんな時だからこそしっかり供養してあげましょう。

ペットの供養の方法は様々ですが、最近はペットのためのお墓や霊園の数も増えてきていますので、急なペットとの別れの際でも、慌てることなく供養することが可能です。

まずは「ペットのお墓」についてです。
ペットのお墓は大きくわけて二種類の種類があります。

まず一つは「屋外のお墓」です。

二つめは「屋内のお墓」です。

屋外のものは墓地や霊園に設置するもので、複数のペットの遺体と埋葬される「合同墓地」、「個別墓地」のほか、お花や樹木を植えることができる「ガーデニング霊園」、人と一緒に入ることができる「お墓」もあります。

一方で「屋内のお墓」は持ち運びができるようなコンパクトなお墓が多いです。
お家の中に設置するほか、ベランダやお庭に置く事も可能です。
デザインやカラーリングもある程度飼い主さんの自由に制作できるので、オリジナリティ溢れる、世界でひとつだけのお墓を造ることもできるのです。
お墓自体はコンパクトながら頑丈なので、雨や風、紫外線に強いのも特徴となっています。

次にペットの供養の方法についてです。
ペットが亡くなった際には、人と同様、葬儀社などに連絡を行い、火葬を行うというものが共通の認識となりつつあります。
一昔前は庭や山林に埋めるということもあったかとは思いますが、今現在はあまり見る事は少なくなりました。
ペットは家族の一員という考えからも、当然のことと言えるかもしれません。

火葬した後は、遺骨を霊園のお墓に埋葬したり、納骨堂に納骨したりなどを行います。
その際、自宅にて供養することもできます。

いずれにしても飼い主さんの判断による部分が大きいのですが、いまのところしっかりしたら供養の方法は法的に整備されていません。
飼い主さんが良いと思った方法で供養してください。
ページのトップへ戻る