いい墓相,よくない墓相の真実とは?

屋外タイプのペットのお墓

ペットを飼っている飼い主さんにとって、ペットは家族同然と考えている方は多いと思います。
ペットと苦楽を共にしてきたこともあって、ペットにはずっと元気なままで成長していってほしいものです。

ですが、そのペットにもいつかは寿命が来てしまうと思います。
そんなときは非常に辛く、悲しい事ではありますが、そんな時だからこそ、しっかり最期まで弔ってあげましょう。

ところで、ペットが亡くなってしまったあと、ペットのお骨をどのようにすれば良いかわからない…という飼い主さんは以外に多いのではないでしょうか。

大事なペットだからこそ、弔いかたについてもしっかり確認していきましょう。

ペットの供養の仕方はいくつかあります。
最近はペット霊園も増えてきており、霊園にしっかり埋葬したり、またはペット霊園の納骨堂というとこに納骨を行ったり、または飼い主さんのご自宅に置いておいたりとする方法があります。
どれが完璧に正しい方法ということはありません。

屋外で造られるペットのお墓には、多くの種類があります。

まず一つめは「合同供養塔」です。
こちらは複数のペットをいっしょに埋葬する墓地のことです。
個別に供養するタイプの墓地に比べ、費用が安いのが特徴となっています。

二つめは「個別型の墓地」です。
区画がそれぞれ決められており、人のお墓と同じようには開始の種類や大きさはさまざまなものがあります。
ただ土地の広さや大きさに比例しそれなりの費用はかかりますので、購入の際はきちんと確認しましょう。

三つめはガーデニング型の霊園です。
近年はお花や樹木などを植える霊園の需要も増えてきました。
個性的なだけでなく、費用もさほどかからないためこれからさらに需要が増えるとみられています。

四つめは「人といっしょに入れるお墓」です。
これは近年急激に増えてきたタイプのものです。
ペットを家族の一員と考えている飼い主さんにとって、一緒のお墓に入る事は普通のことなのかもしれません。
事前に契約することが必要となります。
こちらも今後さらに需要が増えるとみられています。
ページのトップへ戻る