いい墓相,よくない墓相の真実とは?

室内に置けるペットのお墓

大事なペットは、もはや家族同然です。
生まれたときからずっと見守ってきた飼い主さんにとっては、成長するたびにちがう姿を見せるペットに、非常に大きい愛情を感じていたことでしょう。
ですが、そんなペットでも、いつかは寿命というものがきてしまいます。

もし寿命がきてしまったら、とても悲しいものです。
飼い主さんの中には、まるで自分の一部を失ってしまったとも捉える方もいらっしゃると思います。
ですが、そんな時だからこそ、最期まできちんと弔ってあげることを忘れないでください。

最近はペットのお墓や、ペットといっしょに入れる霊園など、ペットをきちんと供養してくれる環境が整いつつあります。
これまであまり知名度がなく、なぜないんだろう…と嘆いていた飼い主さんにとって、非常に喜ばしいことだと思います。

また、自宅でペットを供養する方法というのもございます。

お骨を自宅に保管している飼い主さんにとって、納骨タイプのお墓(カロート)を欠かす事はできません。
カロートはお庭やベランダにも置けますし、さらに室内でインテリアとしても飾っていただけます。

カラーバリエーションも非常に豊富、さらにデザインも多種多様であり、こだわりを持っていらっしゃる飼い主さんにとって、望むお墓のデザインが見つかると思います。

デザインは飼い主さんがかなり自由に選択できる部分もあります。

コンパクトに造ることも可能なので、室内からベランダなど移動が楽なところも特徴です。
お引っ越しの際も特に問題はありません。

屋外設置の場合でも、紫外線や風、雨などに強いので、飼い主さんも安心ですね。

プレートに写真を入れたり、名前を入れたり。
また命日を入れることも出来ます。

愛するペットの形をお墓に残すことで、世界にひとつだけのオリジナルなお墓を造ることが可能になりました。

大切な家族だからこそ、遠くの霊園や墓地に行かせてしまうのではなく、いつでも近くで見守ってあげたいですよね。

ページのトップへ戻る