いい墓相,よくない墓相の真実とは?

公営霊園情報

公営霊園とは、どういったもののことをいうのでしょうか。

公営霊園は、都道府県や市町村など、自治体が所有している霊園のことをいいます。

また所有と管理・運営が異なるケースも少なくありません。
その場合は、財団法人などが代行するケースが多いです。

民営のものや寺院の墓地に比べ、永代使用料や管理料というものがあまりかからず、また自治体という事も手伝って人気は高いものがあります。

宗旨や宗派が問われることはないものの、申し込みには色々な資格が定められています。
代表的なのは「現住所」と「手元の遺骨」です。

初めてお墓を造る際には、どこに造るべきか迷うことも少なくありません。

注意していただきたいのは、たとえ自分の土地だとしても勝手に建てることはできない、という点です。

遺体や遺骨の埋葬に関しては、墓埋法というもので厳しく規定されており、その法で規定された以外の墓地でお墓を建てることは認められていないのです。

なお、墓地を造るには都道府県知事の許可が必要になります。

公営霊園で代表的なのは、「屋外墓地」です。

「屋外墓地」は三種類に分かれています。

一つめは「一般墓地」です。
極めて一般的な、ポピュラーな墓地の型です。

二つめは「芝生墓地」です。これは西欧風のスタイルです。
墓地に境界線が無いのが特徴です。

三つめは「壁墓地」です。
座椅子のような形をした墓石を、狭いスペースのなかに隙間無く敷き詰めているスタイルとなっています。

その他、公営霊園には納骨堂というものもあります。
最近は「墓地不足」が深刻な問題となってきており、それは特に大都市に顕著です。
この問題を解決するため生まれたのが「納骨堂」という新しい形式のお墓です。
遺骨を土中に埋葬せず、それ以外の方法で納めます。
納骨堂は一つの建物に遺骨を収蔵するため、これまでのように広い面積を必要としないのが特徴なのです。

いずれにせよ、お墓選びはとても大事な問題です。
しっかりと確認を行った上で、自分にマッチしたお墓を選ぶようにしましょう。
ページのトップへ戻る