いい墓相,よくない墓相の真実とは?

お墓参りのマナー

お墓参りは非常に大切なものです。
特に大事なのは、先祖、または故人を供養するという気持ちです。

お墓参りは、お盆やお彼岸に行くのが通例となっていますが、それだけでなく、いつでも気軽にお参りできるのが本来の形です。

お墓参りは、ただ参ればよいというものではありません。

霊園の場合には、霊園の管理者への挨拶を行うようにしましょう。
そのために管理事務所へ訪ねる事を忘れてはいけません。

寺院の墓地の場合は、僧侶への挨拶、本堂へのお参りも欠かさずに。

また墓石もきちんと掃除するようにしましょう。
水汲み場で手を清めた後は、お墓でしっかりと礼拝。

礼拝の際は、手桶に汲んだ新しい水でしっかり清めましょう。
数珠を持って合掌、礼拝をすることが大事です。
この際、気をつけることが二点あります。

まず一点目は「血縁の深い順に行う」ということです。

二点めは「しゃがむか腰を低くするなどして合掌を行う」ことです。
特に二点めに関してはあまり知られていないことも多いので、しっかり気をつけましょう。

但し、こちらも宗派によって異なることがありますので、事前に確認することを心がけましょう。

その後、墓石をしっかり水で綺麗にしましょう。
全体をさらっと洗うのではなく、細かな部分へのメンテナンスが大切です。
汚れやほこり、こけを取り、最期は水気が残らぬよう、布などをつかいしっかり拭いてください。

お墓を清めた後は、花立てを洗う、線香の束をしっかり整える、お菓子や果物をお供えするなどを行いましょう。
特に線香の束を整える際は、燃えたまま寝かせることや、息で吹き消すなどの行動はNGです。
火は手であおいで消した上で、整えておきましょう。

またお菓子や果物をお供えする際は、器か半紙などにのせることを忘れないでください。

お参りを終えた後には、後始末を忘れずに。

焼香はきちんと燃やしきりましょう。
また食べ物のお供えも、持ち帰ることを忘れてはいけません。

お墓参りに来たときと同様、霊園の場合は霊園の管理者へ挨拶、寺院の場合は僧侶への挨拶をしてから、帰るようにしましょう。

お墓は一族にとって非常に大事な場所です。
将来的には自らも眠る場所でもあります。
だからこそ、きちんとお墓参りの基本・マナーに立ち返り、続けていくことに意義があるのです。
ページのトップへ戻る