いい墓相,よくない墓相の真実とは?

お墓の補修・リフォーム

お墓の補修と、リフォームについてです。

墓地や霊園には、手入れを欠かす事ができません。

手入れをされていないお墓や霊園を見ると、寂しい気分になることもあります。
古くなったお墓の補修やリフォームは欠かす事なくしていかなければなりません。
そのためには、日頃のメンテナンスをしっかり行っていきたいですね。

年月の経ったお墓は、いち早く補修を行いましょう。
お墓はそれなりの耐久性はあるものの、長い年月が経つとその耐久性も落ちてきます。
墓石が傾いたり、傷がついたりすることもあります。

現在の建てられているお墓の石は、明治や大正、昭和期に作られたものより耐久性のあるものを使用されています。
逆に昭和期かそれ以前に作られたお墓は今のものと比べると耐久性が落ちてしまいます。
年月の経ったお墓は専門業者に依頼することを早めに考えましょう。

専門業者はヒビの欠け、補修のみならず、線香立て、花立ての交換なども行っています。
また配置を整理するリフォームも行っています。

墓地に補修やリフォームが必要と考えたら、ヒビやお墓の欠けといった部分にとどまらず、お墓の全体をリフォームすることを考慮しましょう。
配置の整理を含め、墓石に付属施設をつけることも重要です。

またリフォームに関する相談をする場合は、お墓を建てた石材店に相談しましょう。
石材店は石材のエキスパートということもあり、お墓に対する知識もきちんとしたものを持っています。
お墓に対して疑問に思った事や、少しでも補修やリフォームが必要と考えたら、早めに行動することが大事です。

お墓はお参りする目的もあって建てられているものです。
お参りする際には、いつも綺麗なお墓であってほしいですよね。

お墓には「墓相」というものも存在します。
良い墓相、悪い墓相とあり、いずれの場合も「お墓の環境」に左右されるところが大きいです。
一族の問題となってきますので、立地条件やお墓の種類も含め、細かなところまで気をつかうことを心がけましょう。

ページのトップへ戻る