いい墓相,よくない墓相の真実とは?

永代供養墓の探し方

永代供養墓という言葉はご存知でしょうか。
あまり聞き慣れないこのお墓は、お墓参りができなかったり、またはしてくれる人がいなかったりという時でも、お寺がきちんと永代にわたって供養してくれるというものです。

一般的には他の方々と一緒のお墓になります。
そのため合同墓や共同墓とよばれることもあります。

永代供養墓と一般的なお墓との違いは、墓石代がかからない点や、墓地使用料が安くなる点などが挙げられます。
また一回料金を払ってしまえば、その後費用がかからないというのも特徴です。

(但し、生前申し込みの場合は後々に年会費や管理費がかかるケースのございます、十分確認しましょう。)

そのほか、宗旨・宗派を問われることもありません。
ですが極めてまれなケースで、宗派に信仰すべしということが条件とされているところもございます。
こちらも同じように十分確認しましょう。

永代供養墓が注目されはじめたのは、およそ20年も前に遡ります。
当時は行き倒れ人や身寄りの無い人を埋葬するシステムを、新しいお墓の型として定着させたのが始まりです。
そこから20年たち、今は血縁も薄れ、身寄りのない人々が珍しくない世の中となり、永代供養墓での供養を望む声は確実に増えていきました。
需要と供給のバランスが一致することにより、永代供養墓のクオリティは年々上がっています。
今後は更なる発展が期待されます。

なお、ひとえに「永代」といっても、言葉の受け取り方により、トラブルが発生する事例が後を絶ちません。
これは「永代」でも○○回忌という形で内規が定められている場合にありがちです。
また霊園の倒産や寺院の廃寺でも、「永代」とはならず、墓が消滅する可能性もありますので、注意しましょう。

永代供養墓は全国各地に存在します。
お墓を一から購入する事とは異なり、費用もそれほど高いものではありませんが、軽はずみで選んでしまったり、あまり知らない人からの甘言で選んで良いものではありません。
しっかりと自分で確認し、自分に合致したところを選ぶことを心がけましょう。
ページのトップへ戻る