いい墓相,よくない墓相の真実とは?

お墓選びでよくあるトラブル

墓地やお墓選びというのは、ずっと続く問題でもあります。
お墓参りで訪れることもあれば、将来的に自らもその場所に眠ることもあります。
だからこそ、軽はずみに決めてはいけません。
誰かの口車に乗せられてしまったり、勢いで決めてしまったばかりに、トラブルに見舞われた…という事例は実は少なくはないのです。

お墓選びでよくあるトラブルですが、「宗旨」「宗派」に関係するものが多いです。

よく霊園や寺院の墓地なので使われる言葉で「宗旨・宗派不問」というものがありますが、これは実は二種類の使われ方があります。
こちらの受け取り方で実は間違った意味だった事もありえなくはありません。
注意しましょう。

まず「公営霊園」や「民営霊園」での「宗旨・宗派不問」についてです。
これは墓所の使用や購入に関しては、過去や今後の供養、法要にいたるまで、「宗旨・宗派」は一切問わないといったものです。
つまりすべての「宗旨・宗派」の方が使用・購入可能ということになります。

一方で「寺院墓地」での「宗旨・宗派不問」とは、過去の「宗旨・宗派不問」という意味で使われています。
つまり購入前に関しては「宗旨・宗派不問」ですが、購入時にその寺院の宗派に改宗する必要があり、さらに葬儀や供養、法要はその宗派で執り行う必要があるのです。

ですので、しっかりご先祖様や、ご家族の信仰されていた「宗旨・宗派」を確認した上で、条件に合致した霊園や墓地を選ぶように心がけましょう。

また「供養の期限」も問題となっています。

近年は家族の多様化も手伝って、墓守や承継者がいないといったケースが増えてきています。
そんな事情からか「永代供養墓」や、「納骨堂」などを求められる方が増えてきております。

ですが、「永代」と名がつくものであっても、寺院や霊園によって、供養する期限が限られているところもあります。

確認を怠ったばかりに、いつのまにか合祀され、改装ができなくなってしまったという事も少なくありません。

墓地やお墓を選ぶ際は、きちんと確認をした上で行うようにしましょう。
ページのトップへ戻る