いい墓相,よくない墓相の真実とは?

お墓完成までの流れ

お墓を建てるためには、どういった事が必要となるのでしょうか。

お墓を建てるには、多くの手続きと時間がかかってしまいます。
急いで決めるとあとあとトラブルになったり、後悔したりするケースも多いです。
大切なお墓だからこそ、しっかり計画を立てた上で、満足のいくお墓を建てたいものですね。

お墓を建てる際には、主に二種類の方法があるといわれています。

一つの方法は、墓地から選ぶ方法です。
宗派、宗旨、本家と分家の問題など、問題を挙げればキリがありません。
お墓は一度きりのものではなく、将来にわたって存続する大切なものだからこそ慎重に検討してください。

もう一つの方法は、石材店から決める方法です。
墓地から販売委託されていたり、独自に墓地の運営を行っているところもあります。
まず最初に信頼できる石材店を見つけることにより、そこから墓地を検討するということも可能です。

一人ですべて決めてしまうのではなく、家族でじっくりと時間をかけて検討しましょう。
焦って決めてもまったく良い事はありません。またあまり知らぬ人の口車に乗ってもいけません。

墓地から選ぶ方法についてですが、まず立地条件や、公営か民営かなどしっかり検討した後は、墓地の情報をくまなくチェック。
広告はもちろん、今はインターネットで幅広く情報を収集可能です。

次に予算を立てましょう。
決して安い買い物ではありません。
出来上がったら予算と全く違っていたということが無いようにしましょう。

次に現地の調査を行います。
お墓参りに適している場所がベターです。

墓地を選び、石材店を選んだあとは、購入の申し込みや使用申請に必要な書類を用意します。

墓石を選んだあと、やっと工事の施工となります。

工事の施工は「基礎コンクリート」を作成してから、前面株の石を据え付け。

根石および親柱を据付、骨壷を納める部分を作成します。
納骨堂の天井にあたる部分を据付てから、棹石を据付ます。
耐震設定をきちんと行って、ようやくお墓の完成となります。

工事の施工後は、埋葬手続きや開眼供養を行います。

これまでが「お墓の完成」までの一連の流れとなります。

ページのトップへ戻る