いい墓相,よくない墓相の真実とは?

墓石のデザイン選び

墓石には様々なデザインがあります。
日本人にとってなじみの深い、石が長方形のもので「和型」とよばれるものがある一方、キリスト教の考えをお墓にとりいれた「洋型」とよばれるタイプの墓石も存在します。
近年は石材加工技術が著しく発達したことも手伝って、お墓のデザインはますます多様化する傾向にあります。

まず「和型」についてです。
「和型」にもおおまかにわけて二種類存在します。
それは「仏式墓石」と「神式墓石」です。

前者の「和型」の墓石は、お釈迦様の遺骨を納める「仏舎利塔」や「五輪塔」を簡略したものとなっています。
江戸自体の中期以降から現在にいたるまで、ずっと普及しつづけてきた、日本人にとってもっともなじみのあるお墓の形です。

そんな「和型」のなかでも最も広く知られているのが「和型三段」という型です。
石を二段に重ね、さらにその上に棹石を乗せた型のことを言います。
棹石は仏教の世界で、仏石とも呼ばれ、申請なる石とされています。

一方、「神式墓石」の場合は、仏式と同様に角柱型を基本とするものの、台石にのせる棹石の形に違いがあります。
神式墓石の場合は、棹石は上に向かって細いものとなります。

仏教と異なる点として、香炉がないというのが特徴です。また墓所の周囲が、玉垣で囲むように造られています。

次に「洋型墓石」についてです。
洋型の墓地は明治時代に多く造られた「外人墓地」を参考に造られたものがモチーフとなっています。
欧米のお墓とはまた異なります。

和型の墓石と比べて、高さが低い、幅が広いなど、大きく異なっているのが特徴です。
形もオルガン型とストレート型といったように、大きく分けて二つの種類が存在します。
いずれも安定感があり、従来の和型墓石より明るいイメージを感じることもできます。
近年は公園墓地の増加も影響し、洋型墓石の人気は上昇中です。

その他、墓石に対しても「オリジナリティ」を求める方におすすめなのが「オリジナル」のお墓です。
日本ではあまり知られていない「オリジナル」のお墓ですが、海外ではお墓を芸術作品とする伝統もあって、お墓を自由に造ることも珍しくありません。

ページのトップへ戻る