いい墓相,よくない墓相の真実とは?

お墓・墓地の種類

お墓や墓地の種類が、どのくらいあるかみなさんはご存知でしょうか。

お墓を建てるにはまず、予算と立地条件など事細かなポイントをチェックし、それに合致した墓地選びが大切となってきます。

霊園の種類によっても、お墓にかかる条件や費用はさまざまです。

お墓を建てるのに非常に重要な、墓地の種類についてです。
これは大きく分けて3つあります。

まず1つめは「公営墓地」です。
都立霊園や市営霊園などがこちらの公営墓地にあたります。
これらの墓地に共通するのは、各都道府県や自治体などが管理、運営を行っている墓地であるということです。

お墓を建てるにためには永代使用料がかかってきます。
ですが、こちらの「公営墓地」の場合は、民営の墓地に比べても年間の管理費や永代使用料などが安いのが特徴とされています。

また宗教的な制約、石材店の指定がないのも特徴です。

ですがそのぶん人気も高いです。
自治体によって募集方法は異なりますので、しっかり情報収集しましょう。

2つめは「民営墓地」です。
営利目的としない「公益法人」が管理、運営を行っている墓地です。

民営といっても私企業ではなく、財団法人と宗教法人の2つの法人のみです。
いずれも営利を目的とはされていません。

民営墓地は購入する際の条件、資格が少ない事が特徴です。
また生前墓地も可能です。

近年は公営墓地並みの低価格とされている霊園も存在します。

3つめは「寺院墓地」です。
寺院墓地は宗教法人が管理、運営を行う墓地です。
寺院墓地はさらに2つの種類にわけることができます。
「寺院境内墓地」と「寺院公園墓地」です。
前者はお寺の境内で管理、運営されている墓地で、後者は寺院とはまた別の場所につくられた墓地になります。

寺院墓地全体にいえることですが、壇家になることが原則、または石材業者が指定など、条件が科せられている場合もあります。
きちんと確認しましょう。

また「寺院公園墓地」は、土地開発会社や石材会社などの資本で開発されることが多いようです。
ページのトップへ戻る